2017年 05月 13日

2017春 東海大相模 一転落球判定

2017年4月30日(日)
春季神奈川県高等学校野球大会 準決勝戦
第二試合目 桐光学園3対7東海大相模  於保土ヶ谷球場

5回表 桐光学園 無死一・二塁
8番小林選手の打球はセンターへの大飛球

東海大相模センター森下選手(背番号18)は背面捕球で球はグラブの中
e0288838_17451237.jpg

そしてフェンスに激突するも
e0288838_17451605.jpg

まだ落球していない
e0288838_17451916.jpg

残念ながら吾輩のカメラはここで終了
e0288838_17452255.jpg
この後、倒れた森下選手から球(落球した球かどうかは不明)を取ったレフトの黒澤選手は二塁へ送球
二塁から一塁へ送球し三重殺成立で選手はベンチへ帰還

桐光学園は落球のアピール
協議の結果、落球と判定 二塁走者はホームイン、無死一・二塁から試合が再開された


ブログ村に参加しています
ポチッとご協力願います
にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村


by hbb-summer | 2017-05-13 10:00 | 高校野球 | Comments(0)


<< 2017春 桐光学園対東海大相...      2017春 横浜対星槎国際湘南(後) >>